働きやすい雇用条件

看護師として勤務し続ける為には、スタッフのことを大切に考えている職場を選ぶ事が大切です。近年では看護師が不足している状況を改善する為、医療機関の中にも看護師の働きやすさを重視した職場が増えています。その為、現役のナースを続ける為にも働き易さに直結する条件を学んでおく必要があります。

看護職は女性が多いため、女性にやさしい職場はたくさん存在しています。働きやすい職場を決める基準としては母親となった時の雇用条件がポイントです。特に、育児期間中の時短勤務を採用している病院は夜勤や残業を免除した働き方が出来る事に加え、フルタイムのナースよりも数時間単位で勤務時間が短縮されます。残業や夜勤の不規則なスケジュールは身体的な負担が大きくなりますが、勤務スケジュールが一定になる事でコンディションも安定し、多忙な職務から早期に解放されることで家族と過ごせる時間も増えるのです。その為、現役のナースとして働いていても身体的な負担が削減されるでしょう。

また、女性が医療機関に勤務する上でのメリットとなるのが福利厚生です。福利厚生の内容は勤務先により大きく異なります。そんな中、有休休暇がとりやすい職場や有休を完全に消化する事が義務付けられている病院は働きやすく、これらの雇用条件が離職率にも反映されているはずです。これらの条件を満たしている勤務先は女性が働き続ける事に理解が深く、ナース同士が協力し良好な雇用環境を築き上げているという特徴が見られます。