子育てママが働ける環境

10月 14, 2016 · Posted in · Comment 

夜勤などの業務から、生活リズムが崩れがちな看護師は、さまざまな仕事の悩みを抱えています。その中でも特に多くの女性が抱えているのは子育ての問題です。小さな子供を持つ看護師は、仕事中どこに子供を預けるかで苦労しています。時間に余裕ある両親が近隣に暮らしている場合は、勤務中に預けることが可能です。近くに両親がいない場合は、託児施設に預ける方法はあるものの、待機児童の問題が大きな課題になってきます。

勤務先によっては、女性看護師が働きやすい職場も存在しています。それは保育施設を備えた医療施設です。職場に託児所があれば、仕事中に子供を預ける場所で頭を悩ませる心配がありません。勤務先の中に託児施設があるため、出勤時に送り迎えの手間や時間が省ける利点も大きいでしょう。すでに小さな子供がいる看護師にとっては特に働きやすい職場であり、さらに将来は出産して子供を育てたいと考えている女性の看護師にとっても、保育施設を備えた勤務先は働きやすい職場として高く評価できるでしょう。

看護師を雇用している施設としても、従業員が子供の事を心配せず仕事に集中できる環境を整えることはメリットが大きいものです。従業員が仕事に専念できる労働環境を整えることで、看護師たちの医療過誤のリスクを減らすことにも繋がります。保育施設を備えた職場であるかどうかは、就職時に求人票を見ればわかります。もし育児サポートが充実した場所で活躍したいのであれば、託児所つきの職場を探すといいでしょう。また、どのような託児施設であるのか、その広さや設備の質、何人の子供を収容可能であるかなども事前にチェックしておきましょう。

女性にとって長く働ける職場であるかどうかは、雇用側が提示する条件や特徴から感じ取ることができます。託児所の有無の他に、産休休暇実績や実際に活躍する子育てママがいるかどうかを確認することで、女性にやさしい求人を見つけ出すことができるはずです。