看護師の転職理由と面接対策

看護師が別の職場で働こうと決意する理由は様々です。しかし、時期に応じてある程度の傾向があります。就職したはじめの頃に多いのが職場での人間関係の問題です。うまく職場の人と付き合っていけないことから、すぐに転職に走ってしまうパターンはありがちです。また、想定していた仕事と内容が異なっていたのが転職理由になる場合もあります。

ある程度、キャリアを積んだ人に多くなってくるのが結婚や結婚相手の転勤などです。そして、出産して育児をするようになると、育児との両立がしやすい職場に変える場合もよくあります。育児休暇を取った後に復職してみたものの、育児と仕事が両立できなくて転職するのもしばしばあるケースです。

こういったライフスタイルの変化は女性の多くに訪れることです。転職する時、面接ではその理由を適切に伝えられなければなりません。もし退職した理由が否定的に捉えられてしまうと採用される可能性が低下します。あからさまに嘘をつくと見抜かれるリスクがあるので、ある程度正直さも重要です。姿勢として、理由を正直かつ肯定的に伝える工夫をしましょう。たとえ人間関係が原因だとしても、それを通して学んだことをもとに新しい方向性を見出している旨を伝える手があります。

育児との両立が目的であっても、働ける時間に社会に貢献したいという気持ちは伝えられるはずです。どんなに否定的な理由も工夫をすれば肯定的な内容に変換できます。プライベートな実情を混じえて自己アピールすることで、面接官に親近感を抱かせることも可能です。